鈴木歯科

     

ホームへ戻る
医院案内
診療科案内
症例紹介
アクセスマップ
歯磨き
待合室
診察予約



QRコード
QRコード
携帯ホームページは
こちらから
24h予約O.K

診療科案内
クリスマスライン
<<<一般歯科><審美歯科><小児歯科>>>
クリスマスライン


初期治療,
歯科検診、歯のクリーニング、虫歯、歯痛、修復治療、
感染根管治療、乳歯から永久歯までの咬み合わせ        

歯槽膿漏、歯周炎、歯周病、歯磨き指導、スケーリング、歯石除去、
ルートプレーニング、 定期検診、 歯軋り防止マウスピース         

被せる歯、クラウン、ブリッジ、前装冠,
歯冠修復用マイクロハイブリッドレジン、ラミネートベニアクラウン、
メタルボンド、オールセラミックス

入れ歯、局部床義歯, 総義歯, (アクリリックレジン床、スルフォン床)
磁性義歯、金属床(コバルトクロム、チタン、金)        

その他、ホワイトニング、メラニン色素除去、スポーツマウスピースetc


NATURAL ORAL REHABILITATION


扇


EBM (Evidence_based medicine)
医療において科学的根拠に基づいて診療方法を選択していきます。









治療の方法

【鈴木歯科・歯科器具の消毒方法】

歯科器具の消毒については、細心の注意を払い、患者様のために最善をスタッフ一同で行なっております。

@汚れた器具は、汚れ・唾液・血液を水洗→洗剤・強酸性水→水洗で落とします。

A次に殺菌消毒剤(主成分:塩化ベンゼトニウム)の溶液に浸漬する。
 HBウイルス汚染器具には、次亜塩素酸や殺菌消毒剤(有効成分:グルタルアルデヒド)の溶液に浸漬する。

Bオートクレーブという滅菌機械で滅菌する。(120℃ 20気圧 20分間・無菌)

C無菌後の器具を殺菌灯下で保管する。


【歯周病(歯槽膿漏)】

このごろ歯周病はTVでもお馴染みなって歯周病菌による病気と・・・
いう事ですが、僕は、研究医でない一臨床医ですが、歯周病(歯槽膿漏)についての臨床経験から一言。
歯周病に至るまでに必ず炎症(歯周炎)が起こります。炎症は生体の防御反応です。歯茎が赤く腫れた状態をいい。歯の汚れや異物が沈着する事により起こる生体の防御反応なのです。
歯に異物や汚れが付くことによって自分自身の体(生体・生体機能)が自分の歯と認識しなくなって異物と認識して生体が細菌を使って体外に追いやる生体機能なのです。
歯周病菌を歯磨き剤や薬でやっつけても常在菌なので切がないです。
日和見感染なのです。
それよりも自分の生体に歯を歯として認識させ続けることが大切なのです。

【歯周病の治療方法は、】

初期段階の歯周病は歯肉炎(歯茎の炎症)と呼ばれ歯肉が赤く腫れ、歯磨きの際にすぐに出血します。
幸い、この初期段階の歯周病は完治します。クリーニングを定期的に受けるだけで済む場合もあります。
歯周病であると診断された場合、歯石除去(スケーリング)およびルートプレーニングと呼ばれる治療方法が提案されます。
特殊な歯科器具を使って歯周ポケット内部から歯垢・歯石・異物等を注意深く取り除きます。
また、歯根の表面を滑らかにし、歯肉組織の治癒と歯への再付着を促進します。
疾患の進行程度に応じて上下歯列6分割に分けて治療を行います。
その場合、複数回の受診が必ず必要となります。
歯石除去・ルートプレーニングによる治療が完了すると、 歯肉の治癒状況、および歯周ポケットの深さの減少をチェックします。
依然として深さが3mm以上も場合は。さらに治療が必要となります。


【メラニン色素除去法】

歯だけではありません。歯茎の色が悪いどうしよう?
喫煙者の多くに歯肉・歯茎がどす黒くなったのは、病気ではないので心配ございません、メラニン色素沈着です。
外科処置をしなくても歯肉メラニン除去はできます。
この場合、フェノールとアルコールを使って歯茎を薄く剥離する方法で1回から2回行ないます。
やはり歯肉はピンク色がきれいです。


【仮の歯について】

治療で歯を形成して型を取り歯がない状態は、無いように仮歯を入れるその仮歯には2通りの仮歯を当院では、使い分け実施しています。
(テンポラリークラウン)
形成後比較的短期間に最終のかぶせクラウンを装着する場合の仮の歯
(プロビジョナル・レストレーション)
治療期間中、歯としての機能はもちろん、修復物で炎症のコントロールや力のコントロール(咬合の安定)を検討しお口の中が健康な状態になったかを再評価して健康が達成されたのを確認してから機能回復を考えた最終のかぶせクラウンの設計や審美性の改善のための仮の歯


【ホワイトニング】

そのメカニズムについては、まだ解明されていない部分はまだまだありますが・・・それでは・・・
昔々、外国の歯医者さんが、毎日毎日来られる患者様に消毒剤を(オキシドールだと思いますが)歯面に塗っていたそうな、
ある日歯を良くよーく見ると急には変化しませんでしたが、ただ汚れが落ちた輝きではなく歯がほんとうに白く輝いたという偶然のできごとから研究がなされ現在のホワイトニング方法ができたそうな。
オキシドール(3%〜4w/v%H2O2)
H2O2は、化学の実験でもおなじみの過酸化水素です。
飽和濃度は35%ぐらいだったかなあ(^^;
ホワイトニングとは、
H2Oは水ですがOが一つくっ付いたものでオキシドールよりも濃い濃度の過酸化水素を歯面に塗布しますが他の組織には薬焼けしますのでジェル(ゲル)にしてあります。
歯の表面はエナメル質という組織でエナメル質には細い細管が無数にあります。(エナメル細管)
細管の中にはタンパク質や汚れがありその物質とH2O2がフリーラジカル反応を起こしH2とO2に分解され排出されるときにタンパク質と汚れが細管から排出され歯の表面がきれいになり白く輝くのと無数細管の並びがスリガラスようになり光線の入射角によって白く輝くのです。
臨床ではフリーラジカル反応を促進するために光照射やレーザー照射を行ないます。

僕自身として過度のホワイトニングはあまりにも漂白したという白さには賛成できません。その個人の色、先天的・環境に変化した色も個人色として大切な個性だと思いますのでほどほどのホワイトニングが良いと思います。 U.S.Aでは一時的に爆発的な流行でホワイトニング治療が行われました、当時ホワイトニング専用歯科医院もできたそうです。

治療事例はココからご覧いただけます。


【口元美人!】

治療した歯が わからないほど自然。白いだけじゃない。
あなたの歯の色、透明感を忠実に再現します。話したり、微笑んだり、大きく口を開けて笑ったり、・・・素敵です。
自分の歯と違和感がある治療歯や金属の詰め物で口元が気になっていませんか?
歯冠修復用マイクロハイブリッドレジンで治療すれば前歯も奥歯も、自然できれいに仕上がります。
自分の歯と同じ「色調」
透明感のある 「質感」
歯茎との境目も「きれい」



【根管治療とは】

根管治療では通常歯髄を取り除きます。
歯髄とは、細かな糸状の組織で、歯の成長に重要な役割を果たします。
やわらかな組織で歯の血管、神経および結合組織から構成されています。
歯髄が細菌に感染したり、損傷を受けたりすると、自然治癒することがないため、生活力と機能を失ってしまいます。
もっとも多く見られる歯髄死も原因は、深い虫歯や歯の亀裂、歯の外傷などによって細菌や汚れや異物が歯髄に侵入することによるものです。
損傷を受けた、あるいは病気にかかった歯髄を除去せずに放置すると、歯根周辺の組織にも感染が広がり、膿瘍が形成され、痛みや腫れが生じ炎症が生じます。
まったく痛みが生じない場合でも、細菌や異物や汚れからの物質によって歯をささえている顎骨が被害を受けることもあります。
治療しないと抜歯が必要となるケースもあります。
治療は早くて1回から複数回の治療が必要です。
異物化にならない薬剤/生物学的親和性を有する素材を厳選して最短治療で良い結果を得られるように努力しています。


【プレパレーション】

歯を削って型を採る?削る?
虫歯等で、崩壊した歯を修復するクラウン(被せ)の歯やブリッジの柱となる歯は、合理的にデザインされ、かつ精巧に形成される必要があります。
この形成をプレパレーションといいます。
デザインが不適当であったり、また現状や未来の状態に適合するようにデザインされなかったり、あるいは形成の仕方が精密でない場合は、修復が失敗する例は非常に多い。
つまり、ビルディングの基礎工事のようなものでこれが下手に行なわれると後に続く操作が難しくなり、対応年数にも影響してきます。
現実の歯牙の上に理想的なプレパレーションの像を重ねてみることができ、そして不適当な箇所には次々と他の像を入れ換えて、理想と現実との差を減少させながら、与えられた条件の中で最も効率のよいプレパレーションをデザインすることを常に目標としています。


【歯の色合わせ】

      
歯の色合わせ、シェード・テイキング、天然歯と人工歯との等色です。
鈴木歯科の色の伝達方法は、シェードガイドなど歯に類似した色見本の現物で伝達しています。
       
一番自然な色がでるのは真夏の北窓からの淡い光の中での色です。
しかし、季節や天候や時間帯によって変化して難しくなってきます。
現在の生活においては、ほとんど人工照明での生活時間が長いのですが、できるだけ自然な色で合わせられるようにアトリエのような大きな北窓を利用したり、人口照明を工夫しています。

【口臭について】

口臭は、体に異変が起こり口臭が強くなる。
鼻の病気、副鼻腔に貯まった膿が細菌作用により悪臭物質が生じる。
腐敗臭・・(呼吸疾患)・気管支拡張症、肺膿瘍、肺壊疽、癌、・・
腐乱臭・・(消化器疾患)・胃潰瘍、胃癌、食道狭窄、・・・
女性・・生理期間中、妊娠中、ホルモン分泌が変化して唾液量減少

アルコールとかニンニクは、消化吸収の過程の中で臭い物質が血中に入り込み、肺のガス交換によって、その臭いが呼気の中に排出される、一般には24時間は、続きます。

甘い臭い・・糖尿病
尿的なアミンの臭い・・腎臓病

口の中では、唾液・膿・歯垢・上皮・舌垢の全体から生産される臭いが主で硫化水素・アンモニア臭です。
口の中はできるだけ原因物質の除去、歯石除去、ハミガキ、リステリンなどの一時的除去を持続することにより意識を持ち続ける大切さも重要です。

過剰な自臭症は、精神的な療法が必要です。


【総入れ歯・総義歯】

歯が無い(無歯顎)・総入れ歯・Full Denture

【上顎編】
上の歯の入れ歯は、なぜ重力があるのに落ちてこないのか?またどうすれば治まるのか?
        
 例にとると、真っ平らなガラス板を2枚用意してガラス板と板の間に水を数滴挟んで押し合います。         
 板の間に水が均等に広がり、今度は手で2枚のガラス板を剥がそうとするとなかなか剥がれません。この原理(表面張力)を利用しているために上顎の入れ歯は落ちてこないのです。
        
 入れ歯の顎提 上顎の骨の変化 歯が抜けた後のドテ、歯層骨の部分は,加齢により上後方にアーチと共に小さくなって行きますので入れ歯は段々ブカブカになり隙間ができて落ちてきます。         
 入れ歯の設計は顎の位置より前方に出た形で歯・歯茎・歯肉が以前あった部分の回復と
お顔の表情を考え笑顔が素敵な上顎の入れ歯を作って行きます。

【下顎編】
下の歯の入れ歯は、重力と表面張力を利用します。
入れ歯の顎提 下顎の骨の変化 歯が抜けた後のドテ、歯層骨の部分は、加齢で位置の変化はほとんど起きません。         
ただ、やっかいなことに骨は段々と厚み・幅の縮小が起こるので入れ歯がお口の中で走り回ることがあります。そうなる前に入れ歯を新調して気持ちの良い食のライフを楽しんでいただければと、ベストを尽くします。         
咬み合わせについては、今、現在、使われている慣れた入れ歯の状態を確認して問題なければ今の入れ歯を利用してシリコンを使って精密な型(印象)と咬む合わせを記録して模型上に再現します。
多少のかみ合わせはお口の中で高さをコントロールでき、今より咬みよい精密な入れ歯を作成していきます。。

治療料金

【ホワイトニング】
 月4回治療 20000円


COPYRIGHT (C) SUZUKI DENTAL, INC.